このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
TEL 03-6822-2337
受付時間:9:00~17:00
第8回

事業再構築補助金
申請サポート
残り2社 着手金11万円(~11/30受付分)

申請期限2023.1.13
採択率
90%超
コンサルタント
中小企業診断士
&行政書士
伴走支援
助成金申請も
対応可能
伴走支援
助成金申請も
対応可能

オンラインで全国対応!
全国エリアでの支援実績

✓不採択案件の再チャレンジも相談OK!
✓経験豊富な中小企業診断士・行政書士が対応!
✓申請書作成から電子申請までフルサポート!
✓オンライン(ZOOMなど)で全国対応OK!

こんなお悩みありませんか?

新規事業のプランがあるものの、補助金の対象になるかどうかわからない
他社にサポートをお願いして申請したが、不採択となってしまった……
公募要領を読んでみたが、難しすぎて申請方法がよくわからない……
経営者としての仕事が忙しくて、
申請書作成のために十分な時間が取れない
経営者としての仕事が忙しくて、
申請書作成のために十分な時間が取れない

事業再構築補助金とは?

事業再構築補助金は、新たなチャレンジの大きなチャンスです。

事業再構築補助金とは、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するための企業の思い切った事業再構築を支援するための補助金です。
新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する、一定の要件をみたす中小企業等の挑戦を支援するものです。

グランブリス行政書士事務所は
お客様の「ビジネスの未来」に寄り添い
補助金申請をサポートいたします!

事業再構築補助金とは、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するための企業の思い切った事業再構築を支援するための補助金です。
新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する、一定の要件のすべてをみたす中小企業等の挑戦を支援するものです。
当事務所では、事業経験豊富な中小企業診断士・行政書士が、お客様の「ビジネスの未来」に寄り添い、事業再構築補助金の申請をサポートいたします。

コンサルタント紹介

グランブリス行政書士事務所
中小企業診断士・行政書士
中嶋 寿晴(なかしまとしはる)
早稲田大学政治経済学部卒業後、パナソニックで、BtoB事業・新規事業における部門マネジメントや事業計画・中期計画策定に従事。
現在は、独立士業として事業再構築補助金申請サポートなど、中小企業のビジネスの未来に向けたお手伝いに注力しています。
保有資格等
  • 中小企業診断士、行政書士、特定社会保険労務士
  • 1級FP技能士、CFP®認定者
  • 1級FP技能士、CFP®認定者

当事務所が選ばれる3つの強み

当事務所の強みを活かしてお客様の補助金活用を支援いたします

Point.1 事業経験豊富な専門家

当事務所の代表は、事業会社でのBtoB事業や新規事業の経験が豊富であり、多彩なパートナー会社とのアライアンスによる事業推進を強みとしてきました。事業計画作成の専門家である中小企業診断士、書類作成の専門家である行政書士として、お客様のビジネスプランを補助金審査において合理的で実現可能性のあるものにブラッシュアップいたします。また、補助金だけでなく社会保険労務士として助成金のサポートも可能です。

Point.2 支援実績とノウハウ

事業再構築補助金をはじめとする補助金申請の多数の支援実績があり、補助金審査で加点が得られるポイント・ノウハウにも熟知しています。事業化点・政策点など漏れなくおさえています。事業再構築補助金の採択率90%超。

Point.3 徹底的なサポート

①事業計画書作成サポート、
②必要書類準備サポート、
③電子申請入力サポート
のフルサポートをご提供します。

無料相談・お問い合わせはこちら!

お電話での依頼・お問い合わせはこちら
03-6822-2337

申請サポートの内容

事業計画書作成サポート
1

審査のポイントを逃さない!

事業再構築補助金は、ボリュームのある公募要領を丁寧に読み解き、そこに示されている審査のポイントを漏らさず、一定のページ数で事業計画書にまとめることが重要です。事業再構築の指針に沿った補助事業であること、事業再構築の必要性、事業化点・政策点・加点項目を漏れなく審査員に伝える事業計画書の作成をサポートいたします。
必要書類準備サポート
2

申請内容に応じた書類を準備!

電子申請入力画面では、申請枠や売上減少要件、加点項目に応じた書類をエビデンスとして添付しなければなりません。たとえば、添付すべき労働者名簿の様式ひとつでも、「役員を除く」とか「ナンバリングをする」など細かい指定があり、初見で迷いなく準備を進めることは極めて困難です。このような必要書類の準備もサポートいたしますので、時間と手間を大幅に短縮できます。
電子申請サポート
3

電子申請のストレス軽減!

事業再構築補助金の申請は、電子申請で行います。
パソコンに不慣れな方や入力作業に不安のある方もいらっしゃると思います。当事務所では、オンラインでの画面共有などを用いて、電子申請のサポートも可能です。

ご利用の流れ

ご提案~実行まですべてお任せください
STEP 1
初回無料相談
お客様の事業概要、新規事業の内容などヒアリングいたします。売上減少要件や事業再構築の指針など必要な要件を満たしているかを判定の上、受任可否を判断させていただきます。
STEP 2
ご契約
当事務所のサポートにご納得いただきましたら、業務委託契約を取り交わします。
着手金のご入金後、申請書作成に着手いたします。
STEP 3
申請サポート
お客様との複数回のヒアリングを実施しつつ、事業計画書を作成・ブラッシュアップしていきます。メールやチャットツールなども活用しクイックレスポンスでサポートいたします。
STEP 3
申請サポート
お客様との複数回のヒアリングを実施しつつ、事業計画書を作成・ブラッシュアップしていきます。メールやチャットツールなども活用しクイックレスポンスでサポートいたします。

当事務所ならではのメリット

顧問契約による伴走支援
1

経営・労務顧問として伴走支援!

当事務所は、社会保険労務士・中小企業診断士事務所を併設しており、事業再構築補助金の採択後も、別途顧問契約により補助事業実施や事業化の継続支援、また助成金の申請支援や労務管理のお手伝いなどワンストップの支援が可能です。
補助金申請支援のご縁を契機として、経営・労務顧問として長期にわたる伴走支援による事業成長のお手伝いができることを楽しみにしております。
助成金もお任せ
2

キャリアアップ助成金もサポート

キャリアアップ助成金など厚生労働省系の雇用に関する助成金の申請支援は、社会保険労務士の独占業務です。当事務所では社会保険労務士事務所を併設しており、補助金だけでなく、助成金の申請支援も対応可能です。
補助金・助成金の総合的なご支援を必要とする事業者様は、ぜひ当事務所へご相談ください。

お客様のご対応

お客様では、次のことをご対応いただき、あとはお任せください。

①お客様のヒアリング(最低3時間)
 ・初回ヒアリング+中間ヒアリング
②必要書類・基礎情報の準備
 ・事前にご案内いたします
③電子申請
 ・電子申請もサポートいたします
忙しいお客様に代わり、事業計画書を作成・ブラッシュアップいたします。
そのため、お客様の事業についてのヒアリング、お客様自身の書類や情報、電子申請などご本人で対応いただくべきことは、ご本人に対応いただき、あとはお任せください。

お受けできない場合

✓お客様がお忙しすぎて、全く連絡やコミュニケーションが取れない場合
✓パソコンの利用が著しく苦手な場合(打合せは、原則ZOOMです)
✓お客様自身に、新規事業のプランやアイデアが全くない場合
✓事業再構築補助金の要件や指針を明らかに満たしていない場合
(初回無料ご相談で事業概要等をヒアリングし判定いたします)

無料相談・お問い合わせはこちら!

お電話での依頼・お問い合わせはこちら
03‐6822‐2337

料金のご案内

初回相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。
お客様のプランが、事業再構築補助金の指針や要件を満たしているかチェックの上、受任の可否を決定します。
報酬体系は、「着手金+採択時報酬」のシンプルな報酬体系となっています。
初回相談
無料
お客様の事業内容や新規事業のプランにつき概要をお聞きします。明らかに要件や指針を満たしていない場合には受任できない場合もございますが、その旨ご説明させていただきます。
着手金
16.5万円(税込)
11万円(税込)※11月30日受付まで

ご契約・着手金の入金確認後、
申請書作成に着手いたします。
採択時報酬
採択決定金額の10%(税込)
※最低金額110万円
採択決定後の後払いとなります。万一、採択されなかった場合はいただきません。
採択時報酬
採択決定金額の10%(税込)
※最低金額110万円
採択決定後の後払いとなります。万一、採択されなかった場合はいただきません。

無料相談・お問い合わせはこちら

初回相談無料
どの申請枠が適切か?補助金の対象経費となるか?売上減少要件を満たしているか?など申請準備のスタートラインに立つための不安がある方もお気軽にご相談ください。

よくあるご質問

  • Q
    事業再構築補助金の申請書作成は自分でもできますか?
    A
    ご自身が、事業計画書の作成に慣れている、数十ページを超える公募要領や指針など多くの関連資料を間違いなく読み込んで事業計画書や申請書に反映させることができる場合は、可能かもしれません。
    その場合でも、経営者であるお客様の貴重な時間(数十時間)を投入する必要があるため、どちらが最適な方法か判断をしたいただく必要があります。
  • Q
    忙しくて、全く時間がとれません。新規事業のアイデアもありませんが、すべて”丸投げ”でできますか?
    A

    お客様がヒアリングの時間もない、コミュニケーションがとれない、ご自身のアイデア・考えがないなど、全く関与できない場合は、残念ながらお受けすることができません。(採択後、計画を実行するのはお客様であるため)

  • Q
    他の支援機関で不採択となりました。再チャレンジは可能でしょうか?
    A

    不採択となった要因は、①そもそも要件を満たしていない、②要件を満たしていても、審査のポイントを逃してしまっている、③要件を満たしているが、事業再構築の指針や類型に沿った計画書になっていない などのパターンがあります。②・③については、当事務所でのブラッシュアップにより、採択レベルへ引き上げることが可能ですので、お気軽にご相談ください。

  • Q
    忙しくて、全く時間がとれません。新規事業のアイデアもありませんが、すべて”丸投げ”でできますか?
    A

    お客様がヒアリングの時間もない、コミュニケーションがとれない、ご自身のアイデア・考えがないなど、全く関与できない場合は、残念ながらお受けすることができません。(採択後、計画を実行するのはお客様であるため)

無料相談・お問い合わせフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

運営

事務所名 グランブリス行政書士事務所
住所 〒177-0051
東京都練馬区関町北2‐28‐12‐404
代表 中小企業診断士・行政書士 中嶋 寿晴
TEL 03-6822-2337
代表 中小企業診断士・行政書士 中嶋 寿晴